haus-bent 現場状況03

本日は小雨ぱらつく中、haus-bentの定例へ。
の前に検査機関の中間検査もなんなくパスし、あれやこれや変更事項など打合せして終了~。
廃盤になった外壁材の代替案のほうが良かったりします。

定例はブルーシートで覆われた内部は薄暗いので玄関先にある駐車スペースにて。
d0229047_1823036.jpg

玄関入るとすぐ階段があります。
片側鉄骨ささらのハイブリット階段。早くに設置してもらいましたのでスムーズに2階に上がれます。踏板は仮設の板。
d0229047_18232097.jpg

階段踊り場レベルにあるバルコニーはちょっとおもしろい空間になりそうです♪
d0229047_1823129.jpg

2階リビング。今回の現場もきれいに仕事されてます。
d0229047_18233054.jpg

2階リビング見返し。厚みの薄い床下地は鉄骨で。
d0229047_18233949.jpg

で今日の目玉はコレ。
南側の外壁の半分は屋根と同じくガルバリウム鋼板 たてハゼ葺きとしています。
d0229047_18242073.jpg

ガルバリウム鋼板がちょっと立ち上がっている部分をたてハゼと言いますが、こいつを屋根と外壁の取り合いの部分でどうしても連続した形にしたかったのです。もちろん平ら面も。
屋根が外壁面より出っ張らないことで余計な影を作らずスッキリ、シャープな印象になります。
とは言えやっぱり雨仕舞いが心配なのでここの部分のモックアップをビームスさんに造ってもらい検討を重ねた結果、パッキパキに仕上がっていました!
ほんとにビームスさんの探究心には頭が下がります。
d0229047_1824356.jpg

ブルーシートで覆われている屋根開口に気付かず落ちそうになりながらも屋根に登って来ました。
遠くには兵庫県立考古博物館の展望台が望めます。
d0229047_18244461.jpg

いやな形ですが随所をきれいに納めてもらっています。
d0229047_18245225.jpg

ここでもハウスラップは大活躍で。
d0229047_1825044.jpg

一級建築士事務所haus website
一級建築士事務所haus facebook
神戸須磨 一級建築士事務所haus
by hausuma | 2014-10-31 18:49 | haus-bent | Comments(0)