<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

相棒 続報!

相棒ラシーンの続報。
新しい相棒が来たので、いよいよラシーンの『ランちゃん』は下取りへと思いきや、私の実兄が引き取ってくれることになりました。
良かった!これでまた年に何回かは会えるね。
以下は工事現場にて活躍したシーン。
d0229047_128381.jpg

d0229047_1281026.jpg

d0229047_128824.jpg

d0229047_1281267.jpg

お疲れ様。今後は豊岡の街を駆け巡ってくれ!

で、新しい相棒とはこれです。
d0229047_1281684.jpg

d0229047_1281873.jpg

d0229047_1282020.jpg

フォルクスワーゲン トゥーラン 2006年式
愛称はトゥーランなのでまた『ランちゃん』となります。

7人乗りでは最高のプロポーションだと思っている。
ふわっとしたかわいらしさが大変気に入った。
インパネもシンプルでよく整頓されてるしライティングもいい感じです。


娘よ。
TVが付いてるからって早い気変わりはよしてくれ。
割とタンパクなのね。子供ってそんなもんか・・・。

オーディオにそんなにこだわりがある訳ではないけど、このトゥーランには5.1chサラウンドシステムが搭載されておりウーハーからの低音が心地いい。
純正のプレーヤーが付いてるって聞いてたので、さほど期待はしていなかったがこれは嬉しい誤算だ!
運転中でもパーカッションの音がはっきり聞こえる。ベーシストのアタックの強弱までも。
前の持ち主の趣味か?素敵なオーディオルームをありがとう!
またしばらくは意味もなく乗ってしまいそうだ。


一級建築士事務所HAUS
by hausuma | 2011-04-23 12:38 | 私的事 | Comments(0)

散る桜

『咲き誇る花は 散るからこそ美しい
散った花片は あとは土へと還るだけ』


朝の散歩通勤コースにあるこの桜。
枝ぶりが低い高さから横に広がっているので歩く目線で花を楽しませてくれる。
横に広がろうとしている割りにそれぞれの枝が華奢に見えるのでよく揺れていてなかなか楽しそうだ。
また食場を探そうとしているのか、うねり具合も素晴らしい。
d0229047_963295.jpg

d0229047_963495.jpg

d0229047_963871.jpg

d0229047_964034.jpg

d0229047_964339.jpg

満開のときも当然綺麗だが花びらが少し散って、濃いピンクのガクが現れ、新緑の新芽がでてくるこの時期の桜も好きだ。


d0229047_964477.jpg

d0229047_964629.jpg

桜のすぐ横にあるこのカエデも枝ぶりがかっこいい。
こちらも濃いピンクの実と新緑の爽やかな緑が相まって独特な色合いだ。
一見、松のように見える葉付きが意図的に剪定されたかのよう。

こういった木が庭に一本生えているだけで空間の雰囲気はガラッと変わってしまう。
格好のよい木と協調して出来上がる空間造りをしていきたいといつも思う。


一級建築士事務所HAUS
by hausuma | 2011-04-20 09:32 | Comments(0)

目隠しな柱

ex:HAUS-KURO
HAUS-KUROの塀は□90角の角材が連立している格好とした。
薄い板を張った塀ではなく分厚い角材が立ち並んでいるのでかなりの存在感だ。
門扉も同じデザインとしているので一見、扉はどこか?と思わせる。
d0229047_2258961.jpg

d0229047_22581451.jpg

隣の角材との間につなぎ材としてひとまわり小さい角材を入れ、さらにその裏側に骨組となる角材を渡している。
つなぎ材の高さは道路からはちょうど目隠しになる高さとしているので骨組みも見えない。
また一本一本、地面から浮かせて支持することで木材の耐久性を確保している。
自然な曲線の塀となりました。
d0229047_22581778.jpg


一級建築士事務所HAUS
by hausuma | 2011-04-19 23:44 | 珍技 | Comments(0)

いよいよ着工!

海を見下す『HAUS-BANK』いよいよ着工します。
今から完成が楽しみですが途中経過などもアップしていきますのでどうぞお楽しみに。
d0229047_14533170.jpg

d0229047_14533499.jpg

d0229047_19283727.jpg

d0229047_14533758.jpg

d0229047_14534081.jpg



一級建築士事務所HAUS
by hausuma | 2011-04-16 14:58 | haus-bank | Comments(0)

ショールーム巡り

今日は設計進行中のHAUS-VILAのお施主さんTさんご夫婦とドリカムパートナーTさんとショールーム巡り。
姫路に在住で現場も姫路市内ということもあり住宅設備メーカー、パナソニック、TOTO、INAXの市内のショールームを巡回。
メインはキッチン、便器、浴槽の仕様、色、サイズ確認、金額の調査といったところ。
さすがに浴槽の展示はどこもなかったがパースでは分かりづらい実際のスケールなどご確認いただけたのではと思う。
いつも思うことだが、仕様変更、改良される速度が速いので新しい情報や発見がある。
d0229047_17555382.jpg

d0229047_17569100.jpg

d0229047_1756773.jpg

キッチンの性能は実に良く考えられている。
上げるとキリがないので置いといて。
d0229047_1756527.jpg

例えば節水便器。
10年前と比べると一回に流す水量が約10リットル違うという。
4人家族が一日12回流すとして、一日120リットルの差。
一ヶ月で3600リットル!3.6m3の差。
姫路市の上下水道代に換算すると上水650+下水180=830円/月の差。
年間1万円近い。あれ思ったほどでもないな。
でもまあ節水することは良いことだ。
d0229047_17561267.jpg

Tさん、迷われるのは良い事です。
身近にいつも使用するものですので優先順位を決めてご予算の範囲内で決めていきましょ!


一級建築士事務所HAUS
by hausuma | 2011-04-12 18:43 | haus-vila

黒皮鉄の階段手摺

ex:HAUS-HAT
HAUS-HATの階段手摺は黒皮鉄の素地仕上げ。
溶接の際にできるスチールをこがした跡や溶接ビードを削らずそのまま残し粗い仕上げとしている。
これは施主お気に入りの家具の脚の部分が同様の仕上になっていたのでそれに合わせたもので
黒皮鉄独特の鈍い艶と無骨な仕上げが素朴な味わいをかもし出している。
d0229047_1710921.jpg

d0229047_17101381.jpg

d0229047_1710566.jpg

ちなみに上部に吊るされた照明はイカ釣り漁船用のランプ。
階段奥の黒板壁には下地にマグネットペイントを施してあるので教室の黒板のようにマグネットが効く。
これらも素朴な空間には大変良く合っている。


一級建築士事務所HAUS
by hausuma | 2011-04-06 17:39 | 珍技

相棒 ラシーンフォルザ

この度、長年連れ添ってきた相棒 ラシーンフォルザを手放すことにした。
7月にまた家族が増えるので5人乗りのラシーンでは少し手狭なのだ。
d0229047_18241446.jpg

平成10年9月に購入して、かれこれ13年。155,000キロ、公私をともにした。
目に見えない部分がそうとうガタが来ているだろうが、車音痴な私にとっては
特に悪いところは見当たらず、まだまだ現役続行できそうなので乗り換えはずいぶん悩んだ。
許されるなら建物のように増築してでも永く乗りたい!
しかし狭い。

日産が一番輝いていたと思う時代の車。
俺も一番尖っていた時代。
そのフォルム、テラコッタオレンジ色、四駆、クロカンに憧れてずいぶん惚れ込んで買った車だ。
走る車というより移動する空間として気に入っていた。
オレンジ好きにはたまらないオレンジ。

納車の日には嬉しくてなぜか琵琶湖まで走ったりもした。
キビキビ走るし当時は広くも感じた。
視界も前の車に比べて高くなった。
気がついたら琵琶湖だ!おや、道が分からない!まあいい、しばらく乗っていたいので全く苦じゃない。
しかし、13年、155,000キロ。
エンジン音でかい!

今となってはこの辺りではあまり見かけないので貴重なものと可愛がっていた。
家族の間ではラシーンなので『ランちゃん』の名で親しまれていた。
発売当時CMのキャラクターで起用されていたムーミンのフィギュアも乗せている。
d0229047_18243446.jpg

それは街で見かけるとすぐに俺と分かる。悪さは出来ない。
確実に俺と分かって手を振ってくれた人たちよ、ありがとう!
今後街で見かけてもそれは俺じゃないよ。

変な車と後ろ指を指した人たちよ、ありがとう!
その変な車は今後この世から1台無くなるかもよ。
でも見られるだけで嬉しかったってさ。
d0229047_18243135.jpg

d0229047_18242760.jpg

d0229047_18242986.jpg

娘よ。
『ランちゃん』のほうがいいってせがまないでおくれ。
次の車ともきっとうまくやっていけるよ。
パパだってつらいさ。
別れのつらさを学んでおくれ。そして強くなれ。
パパともいつか別れのときが来る。

運転席から後部座席の窓を操作して『ランちゃん怒ってるよ!』って
さぞ生きてるように惑わしてゴメンよ。
ありゃパパの仕業だ!
いや、生きてたのかもしれない。『ランちゃん』だって悪さは嫌いなはずだ。

ママ。
次の車、少し大きくなるからって運転を不安に思う必要は無い。
あなたの環境適応性は抜群だ。すぐに慣れるよ。
独身時代、あなたも狙っていた車だそうだね。
その感性、間違いない!一緒になってよかったよ。
d0229047_18243216.jpg

てなことを自分にも言い聞かせる。
まじまじと写真を撮ることは無かったけど最後にお気に入りの場所で記念撮影するよ。
春は別れの季節、同時に出会いの季節だ。
桜が咲く頃この写真を撮ったことを思い出すよ。
155,000キロ分のいっぱいの思い出をありがとう!
お別れだ!


一級建築士事務所HAUS
by hausuma | 2011-04-04 19:40 | 私的事